どのようなことを学ぶことができるか

イラスト

アニメの専門学校に行きたい場合には、まずその専門学校がどのようなことを学ぶことができるのかを知っておきたいところです。専門学校で学べることは様々な種類がありますが、主にイラストに関して学ぶことができるところが多いです。また漫画家養成コースのようなところもあり、実際漫画家になる人もいるぐらいです。とはいえ、最初からコースを決めようと考えても将来やりたいことがまだ明確でない場合には途中で変更できる学校の方がよいでしょう。専門学校の場合はたいてい2年ぐらい通うことになりますが、1年目はある程度自由に選択することができ、2年目からは専門科目を学んでいくような仕組みで勉強していけば、1年勉強して気持ちが変わった場合でも2年目から別の勉強をすることが可能になります。

企業と結びついているところも多い

描く人

アニメの専門学校に通う場合は、就職先を考えて通うとよいでしょう。自分で独立する場合は別ですが、可能な限り将来就職するとき不利にならないように就職先を頭に入れて学校選びをするようにしましょう。専門学校によっては、企業と結び付きが強いところもあります。例えばアニメの会社と結び付きが強い専門学校は、毎年その会社に何年も生徒を送り込んでおり、太いパイプができている可能性も否定できません。このような所は、うまくいけば、ストレートでその会社に入ることが可能になります。テレビで有名な会社もあれば、それほど有名ではない会社もありますが、いずれにしても成績次第で、どちらの会社に行くかを選ぶことができるでしょう。

有名な先生を招へいする

ペンタブレット

日本には様々な専門学校がありますが、アニメの専門学校によっては、有名な先生を招へいしているようなところもあります。ある程度大手のところは有名な先生を集めて、そこで沢山の生徒を入れる仕組みです。その先生に教わるからといって絶対に成績が伸びる訳ではありませんが、教わる機会があればぜひ一度教わっておいた方がよいでしょう。先生だけでなく、実際にアニメの作り方などを本格的に学ぶことができる専門学校もあります。アニメを作るためにはイラストえがくことなどはごく一部の仕事になります。ですが全体を学ぶことで、自分の行なう作業が作業工程のどのあたりに来ているのか明確にわかり、モチベーションを上げることができるでしょう。全体の地図を俯瞰することで、自分自身な役割を把握し、より腕の良い仕事ができる可能性があります。それ以外でも、漫画を書く場合には実際に漫画家の先生に来てもらい指導を受けることも可能な専門学校もあるでしょう。